shop paris1.JPG  

       シャンゼリゼ夜.JPGbridge paris.JPG 

TG Jewellery/TOMOO bags 二人展のお知らせ

ご好評をいただいた3月に続き、

秋、冬シーズンに向けての

アクセサリーとバックの二人展が開催されます。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

期間:2017年9月21日(木)〜24日(日)

       12:00〜20:00

会場: Amelie et K

お問い合わせ先: info@tomoodesigns.com    

                       tel:03-6412-7304

KIMG0276.JPG

 

カードリーディングのお知らせ

久しぶりに「こきあ」さんのカードリーディングが行われます。

こきあさんは現在、九州で、アメリエケイには久々のご登場です。

日  時:  9月22日(金)〜24日(日)

            14:00〜18:00

NENU:  ワンコインリーディングでは、お誕生日のデータから

           基本的な性格と年回りの流れについてお伝えし、

           30分又は60分リーディングでは、

           カードを実際につかってリーディングを行います。

料   金: ワンコインリーディング:500円

           30分リーディング:3000円

           60分リーディング:6000円

ご予約:http://kokiarainbowlight.jimbo.com

ハンドトリートメントのお知らせ

先月に続き、高田あゆみさんのハンドトリートメントが行われます。

植物の力、大地のエネルギーをからだで感じて毎日を健やかに楽しく暮らしましょう。

ハーブや精油、ハッチフラワーレメディなどをとおして、豊かな植物の力をからだの内側と外側から感じる機会をご提案します。

日  時:9月17日(日)  14:00〜18:00

料  金: 約20分 1500円+ドリンク代 (メニューよりお飲み物をご注文ください)

 

        

Kのお話

今月のツーリズムExpoで、アメリエケイのKさんがベトナム少数民族支援のお仕事の経験をお話しすることとなりました。

ご関心があればどうぞ。

集まり:持続可能な地域観光開発セミナー

日 時:9月22日 9:30〜12:30

場 所:東京ビックサイト 国際会議棟7F会議室703

出演者:Kさん

kのお話

『kのお話』の小説、エッセイが新しくなっています。ご訪問をお待ちしています。 Kより、

追記:小説「或る地政学者の秘密」のあとがきが頁の後ろすぎて見つけにくいという苦情が入りました。

小説よりあとがきの方が面白いという問題発言もあり、この際、期間限定で「Kのお話」の前の方に移動させました。アメリさんへ、長いこと間借りしております。Kより

 

pen 誌 五月号でアメリエケイが紹介

憧れのpen誌五月号(No.428)でアメリエケイが紹介されました。是非、ご一読ください。83頁です。

アフリカの特集号で、アフリカ料理としてアメリエケイの目玉料理、ボボティーが詳しく紹介されています。

ただ、お店のアドレスが間違っています。アメリエケイは目黒区の三田なのに、港区の三田になっています。目黒の三田(二丁目5)は恵比寿ガーデンプレイスの近くですが、港区三田の二丁目5は、なんと慶応大学でした。

koyote誌特集「アフリカの南」

KIMG0164.JPG今月発売された雑誌Coyoteの特集は「アフリカの南」です。実はこの特集のアイディアはアメリエケイのお客様と私達の会話から生まれたものです。もう3年も前の話ですが、何度かの挫折もあり半分あきらめた時期もありましたが、JICA南ア事務所のご協力により実現しました。写真佐藤秀明氏、イラスト下田昌克氏、編集新井敏記氏という豪華キャストでジンバブエ、ナミビア、ボツワナ、南アを旅し、僕もご一緒させてもらいました。

ヴィクトリア瀑布では満月のルナレインボーを佐藤さんのカメラが見事にとらえています。人々との出会は下田さんのイラストと旅日記が再現してくれました。新井さんの筆は例によりアミニズムの精神世界を探ります。僕にとって一番の印象はナミビアで体験した野火の力です。昼ごろ遥か彼方の地平線に昇る白い煙が夕方には炎の帯に変わり、深夜には、わずか幅5メートルほどの水路でしか隔たっていない対岸全てが炎の海となり、僕らのいるホテルのテラスまで荒れ狂う真っ赤な舌があらゆる方向から延びてきたのです。恐怖心は全くありません。唯々、アフリカの迫力に圧倒されていました。

Amelie et K にようこそ

                 

このカフェの窓から見下ろす木の葉越しの閑静な通りは、マロニエに抱かれた1960年代のパリの裏通りを思い出させてくれます。アンティーク調のパインのテーブルに愛読書を開き、豊かなコーヒーの香りと音楽に包まれて過ぎていく静かな時間は久しぶりの自分と対話するまたとない機会です。

ヨーロッパ、中東、アジアへの旅と美術の世界へと誘う書棚の本たちが貴方だけの時間をいろどります。

英国製アンティークテーブルなどを使ったミーティング、音楽会、パーティーもお受けできます。

個人作品のギャラリーとしてもお使いください。

 

   window side.JPG     long table.JPG  

                 

               

パレスチナ初の世界遺産の地、ベツレヘムの手工芸協会会長ザカリアさんの御支援をいただき、オリーブ工芸を展示しています。またエルサレムのNGO、SUNBULA(麦の穂)のご協力で、パレスチナの女性グループが創る手工芸品も展示します。すてきな作品ばかりです。プレゼント選びをかねて御来店ください!!

106.JPG104.JPG011.JPG008.JPG

 

中部ベトナムの山岳少数民族を支援するNGO、国際開発救援財団の活動を支援しています。

少数民族の村を訪れるツアーづくりとともに、ビーズを組み込んだ伝統織物、森の山椒などを店頭にお届けしてきました。これからも珍しい山の幸を村の皆と一緒にみつけて磨き、フェアートレードの流れを日本にまでつなげたいと願っています。

 IMG_0506.JPG     IMG_4101.JPG

南部アフリカ観光開発機構(RETOSA)の日本での活動を支援しています。南部アフリカ15ヶ国への旅の動機づくりのお手伝いのほか、店内には、アフリカグッズや旅の紹介雑誌が溢れ、ボボティー(南アフリカ料理)もおかげさまで人気メニューに定着しました。

                640x640_rect_41007840.jpg               DSC_0111.JPG

アクセス

(JR 恵比寿駅東口から)

動く通路「恵比寿スカイウォーク」で恵比寿ガーデンプレイスへ

写真美術館前の三田橋を通り、目黒三田通りの信号を郵便局側に渡って、左折してすぐ。歯医者さんの隣のビルの2階です。

 

(JR目黒駅から)

恵比寿に向かって目黒三田通りを徒歩12分

地図

Amelie et K

東京都目黒区三田2−5−11

 

ごあんない

営業時間:13:00 - 22:00

休日   :月曜日

住所   :目黒区三田2−5−11 吉田ビル2階

電話   :03-3712-1870

▲このページのトップに戻る